強風被害

先日の強風の後、お客様より沢山のお問い合わせの電話を頂きました。ポリカの屋根や、屋根に被せてある板金が風で飛んでしまったというお話が多く見られました。

今回は笠木を交換してきた現場の施工事例を紹介します。

強風で笠木の一部が飛んでしまったとの連絡を受け、まずは応急処置をしました。

板金がなくなってしまい、下地がむき出しになってしまっています。

まずは既存の笠木を外し、下地の木を交換しました。

水が入り込んでしまうのを防ぐため、その上にアスファルトルーフィングと呼ばれる防水シートを被せます。

この日の工事はここまでです。あとは寸法を図り、作業場で加工をして笠木を作成します。

後日加工した笠木を取り付けました。

これで雨漏りの心配はなくなりました。弊社では様々な形の屋根の板金に対応できますので、お気軽にご相談ください。