笠木カバー工事

老朽化した笠木のカバー工事を行いました。

施工前の写真です。

今回は、ビルで面積も大きいためカバー工法を選択しました。

まず、既存の笠木の上に木を打ち、水が入らないようにルーフィングを張ります。

そして、作業場の折り曲げ機で寸法通りに板金加工した笠木を取り付けていきます。

弊社では既製品の笠木を使わないため、長尺の笠木を作成することが可能です。様々な建物に対応できます。

最後に笠木のつなぎ目から水が入り込むのを防ぐため、コーキングを充填して完成です。