「雨漏り修理」の依頼が増えています!

こんにちは。事務員の添田です。

今日は雨漏りについてのお話をしたいと思います。

先月の台風の後から、当社には雨漏りについてのお問い合わせや、雨漏り修理の依頼が沢山来ています。

私も現場調査に同行させてもらい、雨漏りの原因と予測される箇所の確認をしてきました。まずお客様に雨漏りしている場所を伺ってから、屋根の上にあがり調査を行います。

その日は5件ほど回らせて頂きましたが、どこのお宅にも共通していたのは、屋根の老朽化でした。ここかな?と目星を付けたところの瓦屋根を少しめくって確認してみると、下地が湿っている所があり、職人いわく「屋根に限界がきて、屋根としての役目を果たさなくなっている状態」とのことでした。

こうなってしまいますと、雨漏りしている箇所の屋根を新しくするだけでは安心できません。また別な箇所から雨漏りしてきてしまう場合もあります。老朽化による雨漏りの場合は、屋根を全て直す必要が出てきます。

今回伺ったお宅は雨漏りがかなりひどい状態の方ばかりでした。雨漏りの動画も見せて頂き、ペットボトルをひっくり返しているような勢いで天井から水が落ちてきているお宅もありました。

皆様のお宅は大丈夫でしょうか??

実は我が家も、普段の雨では何ともなかったのに、台風の大雨の際に家の廊下から雨漏りが・・・

このくらいなら大丈夫と放置してしまうのは危険です。

家を傷めてしまう原因となりかねません。早めに専門業者に見てもらうことをオススメします。

我が家も職人さんにお願いして、雨漏り箇所の原因を調べてもらおうと順番待ちをしている所です。早め、早めが大切です!!