強風+雨=突然雨漏りする場合が・・・

昨日は、強風を伴った雨が一日中降り続きました。台風のようでしたね。

普段の雨の時は何でもない建物でも、横殴りの雨が降ると雨漏りしてくる住宅も見受けられます。

当社の方でも今朝から、雨漏りに関してのご依頼の電話が多数入っております。

今日はまだ風は強めですが雨が止んだおかげて、雨漏りも止まっておられるかと思います。

しかし、「雨漏り」をするのには必ず原因があります。

屋根の劣化で雨漏りしている場合や、外壁のコーキングの劣化による雨の侵入や、サッシ廻りのコーキングの劣化部分からの雨水の侵入など沢山様々な原因が考えられます。

横殴りの雨の時だけだし大丈夫!と様子を見られているかたもいらっしゃるのではないでしょうか?

何事も早め早めの対策が肝心です!!

雨漏りを放置されますと、下地の腐食を進めしまうだけではなく、室内のクロスや木材部分が変色してしまったりと家の劣化を進めてしまいます。

当社には雨漏りに関しての専門資格を持つ、「雨漏り診断士」が在籍しております。目視による雨漏り箇所の調査だけではなく、散水試験も実施し的確な雨漏り箇所を特定し、必要な箇所のみの修理で済むようにお客様へ説明・提案させて頂いております。

昨日の雨でお困りのお客様はお気軽に0246-88-8148またはメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お見積りやご相談はもちろん無料です。火災保険を利用しての工事にも対応しております。